農業のカーボンニュートラル

田圃の入口で行っている「もみ殻クン炭作り」を中断。
稲作で弱った田圃の土壌改良のため、ミネラル肥料を60袋(20Kg)散布し
耕田を行った。
再度、72回目のクン炭作りを開始。(71回のもみ殻クン炭量=12Kgx71=852Kg)

今年も、目標の62回のクン炭作りを達成した。・・・カーボンニュートラル
・もみ殻クン炭のCO2係数=1.22
             ⇒1回のクン炭作りで12Kgx1.22=14.6KgCO2を固定

・農家のCO2排出量=150Kg/10a・・(黒瀬町農家アンケート結果)
・我が家の田圃は60aで、CO2排出量=150Kgx6=900Kg
つまり、900÷14.6=62回以上行えば、稲作で排出したCO2をもみ殻クン炭で補ったことになる。
☆我が家のコシヒカリは、減農薬カーボンニュートラル米である。
                     By エコ農家ジージINNくろせ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)